CMS導入のメリット
2019.07.21

WordPressって何?WordPressのメリットとデメリット

昨今はwebサイト制作の際、CMSを導入したサイト構築を行う企業がスタンダードになってきました。

大小問わず企業にとってメリットとなるケースがほとんどなので、Creative Lillyでもwebサイト(ホームページ)制作ではCMSを導入したサイト(WordPress型)制作を行なっています。

そこで、WordPressって何?という方の為に当店がWordPress型サイトの構築を採用している理由(メリット)とデメリットの知っておいていただきたい事をまとめてみました。

WordPress(ワードプレス)って何?

WordPress(ワードプレス)とは、世界トップシェアのCMSで、国内でも大企業から個人までたくさんの方に選ばれています。

WordPressを知らない方は、「そもそもCMSって何?」となると思いますが、CMSはコンテンツマネジメントシステムの略称で、Webページの記述言語であるHTMLやCSSを知らなくてもホームページの運用管理ができるとても便利なソフトウェアの事。もっともっと簡単に言うと、ブログシステムです。

WordPress(ワードプレス)のメリット

1.ホームページの更新が簡単にできる

まず、WordPress型のホームページが従来型のホームページと一番大きく違う点は、「自分で簡単に更新ができるようになる」という事。

通常、ホームページを更新する時にはFTPでサーバーにアクセスし、HTMLやCSSといった言語で記述されたホームページのデータやファイルを直接編集するため専門的な知識が必要になりますから、ホームページを制作した制作会社に費用を支払って更新管理を依頼する事が一般的です。

しかし、WordPressでサイトを構築しておくと、FTP接続や、HTMLやCSSといった専門言語が分からない素人でもインターネットに接続さえすればホームページのブログを簡単に更新する事ができるようになります。

ピンと来ない方は、アメブロなどの無料ブログを更新するのをイメージして貰うと良いと思います。文字を入力したり、画像を貼り付けたり、文字の大きさや色を変えたり…が、ホームページでも無料ブログのように簡単にできるようになると言う事です。

因みに、WordPressはスマートフォンからの更新もできるので、パソコンが苦手…という方にも安心してご利用いただいております。

2.ホームページの運用コストを削減できる

先述しましたが、更新の際に専門知識が必要となる従来型のホームページは、ホームページを制作した制作会社に月額費用などを支払って更新や管理を依頼する事が一般的でした。制作会社は制作後そのまま運用費用を安定収入とする事ができるので、制作料金自体を安く請け負って貰える事もあったかも知れませんが、毎月(もしくは毎年)発生する管理費用が負担だという企業は少なくなかったはずです。個人の方だと運用費用がネックになり、無料ブログで済ませていた…という事もあると思います。

しかし、WordPressでサイトを構築し、自分でホームページの更新ができるようになると、それまでかかっていた外注コストを削減する事ができます。

保守管理を必要とされないお客様には買い切り型としてご提供をさせていただきますので、その場合は制作費用以外に後々継続的に支払いが発生する費用は一切ありません。必要なのは、ホームページを運用するのに最低限必要なレンタルサーバーとドメイン費用のみなので、レンタルサーバーのプランやドメイン費用によっても多少料金は違ってきますが、毎月の運用コストは1,000円ちょっと。
中長期的に見てもかなりの運用コストの削減に繋がりますから、中小企業や個人起業家などのお客様にはとてもおすすめです。
(※保守管理等をご依頼いただいたお客様は月額費用が発生致します)

3.ホームページの更新頻度を高められる

外注更新する従来型のホームページでは、どうしてもタイムラグが発生したり、外注する更新コストを気にしながら最低限の更新のみに抑える等していた事も多かったと思います。

しかし、WordPressで構築したサイトであれば自分で簡単にブログの更新ができるようになるので、外注コストを気にする事なく、タイムリーにユーザーに届けたい情報を更新する事ができるようになります。鮮度の高い情報発信は、見込み客への訴求力や満足度、信頼感を高める事ができます。

また、現在のSEO対策は『コンテンツSEO』と言って、キーワード調査を行なった上で鮮度の高い良質なコンテンツをホームページ上に掲載することが必須であり、一番効果が高いSEO対策になっています。自分でいつでも更新できる事で更新頻度が上がりコンテンツが充実する事はSEOの大きな効果にも繋がります。

4.SEO対策になる

CMSの導入ですぐにSEO効果が現れるという事は少ないですが、CMSが導入されたサイトでは、検索エンジンが高い評価を与えるHTMLコードが出力されるので内部対策となり、中長期的視点では間違いなくSEOに良い効果が現れます。

中でもWordPressは、Googleの検索エンジン開発部門の責任者でありSEOの専門家でもあるマット・カッツ氏が「ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEOの手法の80%~90%に対応するように作られている。」とGoogle検索においてSEOに効果がある事を公認しています。

前項で述べた通り、鮮度の高い情報更新ができる事とも合わさりSEO効果がある事は間違いありません。

WordPress(ワードプレス)導入のデメリット

1.操作方法を学習する必要がある

当然ですが、自分で更新をするとなると、更新するための操作方法を学習する時間は必要です。学習、と言うとちょっと大げさですが、アメブロだってSNSだって初めてそのシステムに触れる時は何であっても操作方法は学習しますよね。そんな感じです。

WordPressでブログを更新するのには難しい操作はないので、無料ブログを利用した事がある方や普段からパソコンを使っている方であれば、発行するマニュアルをご覧いただければ簡単に操作方法をマスターしていただけると思います。心配なお客様にはレクチャーも可能ですが、9割以上の方がマニュアルだけで更新できるようになっていますのでご安心ください。

アメブロから移行されるクライアントや、パソコンが得意じゃないというクライアントが多いですが、最初は管理画面の違いに戸惑われた方からも「使ってみたらアメブロと変わらないですね」とおっしゃっていただいていますので、誰にでも使っていただきやすいと思います。

また、世界トップシェアだけあってたくさんの方がWordPressに関する情報をインターネット上に公開してくれているので、ちょっとした疑問はインターネットで検索すると解決する事もできます。

2.セキュリティーを含めた管理

WordPressは世界トップシェアのオープンソースCMSなので、ハッカーから狙われる可能性も高いと言われています。

しかし、ハッカーから攻撃されるのはWordPressだけに限った事ではなく、どのようなシステムでも有り得る事。大切なのは、自分のサイトを守るためにセキュリティー対策をしっかりしておく事です。

WordPressは、新機能の追加や不具合の修正、セキュリティの修正などのバージョンのアップデートが行われますから、セキュリティー対策面としてそう言ったバージョン管理を行う事や、もしもに備えたバックアップを取っておく事も必要になります。

こう言ったバージョン管理やバックアップがご不安なお客様は、必ず最初に保守管理をご契約ください。

メリットとデメリットを知って制作・運用を。

ホームページは、そうそうしょっちゅう作り変えるものではありません。ですから、制作費用だけではなく運用にかかる費用や保守管理の費用、更新性などあらゆる側面を総合的に判断して制作する必要があります。

中小企業や個人起業家のホームページは、「会社概要」や「メニュー」など、基本コンテンツだけではボリュームが少ない事がほとんど。そこをブログを使ってコンテンツを補充補強していく事でSEOにも有利でお客様にとっても有益なサイトに育てていく事が必要です。

そのためには、運用コストを抑えながら日々自分で手軽に更新ができることはとても重要だと思うので、当店ではWordPress型のホームページを採用しています。

更新性の高いホームページをお求めのお客様はお気軽にお問い合わせください。

SHARE:

トップへ戻る